チャージPASMO

|


チャージPASMOについてですが、PASMO取り扱い事業者の私鉄、地下鉄の駅に設置されているチャージができる券売機などでチャージ可能です。チャージは1000円単位で希望する額を選ぶことができます。SF残額が2万円に達するまでは何回でもチャージできます。チャージ可能な駅の券売機に持っているPASMOを入れて希望するチャージ金額を選んで現金を入れます。チャージされたPASMOを受け取ればこれでチャージ完了です。またバスの中でもチャージ可能です。PASMO取り扱い事業者のバス車内でも可能です。バスの場合は1000円単位でチャージ可能です。チャージしたい場合は運転手さんに申し出ましょう。バスの場合はSF残額が10001円に達するまでは何回でもチャージできます。

PASMOはSuicaエリアでのチャージもできます。PASMOのSF残額が減ってきたら自動的にチャージをしてくれるPASMOオートチャージサービスもあります。これならいちいちチャージをしなくても自動的に残高が減ってきたことを確認してチャージしてくれますのでとっても便利です。間違ってチャージしてしまった場合には未使用の場合に限りチャージした駅で、手数料なしで払い戻し可能です。チャージの方法はそれぞれの駅やバスによって地画かもしれません。PASMO利用可能な一部の店舗でもチャージ可能です。

ポイントPASMO

|


ポイントPASMOについてですが、オートチャージ機能つきのPASMOを使っている人は利用した金額に応じてポイントを付与しています。クレジットカードの買い物のポイントと合算されて系列のグループ店舗で使えるので便利です。サービス内容でそれぞれの会社共通のこととしてはオートチャージによってポイントがつきます。大半のクレジットカードではオートチャージで利用した金額の0.5パーセントがつく計算です。そして乗車する語とにポイントがつくクレジットカードもあります。クレジットカード発行元の電車に乗れば、ポイントがつきます。実質は乗車割引をしてもらえることになりますね。東京メトロ、小田急電鉄、京王電鉄に乗車すれば乗車ポイントがたまります。

大手の私鉄系クレジットカードは提携しているデパートのポイントカードとの一体化もしているので、パスモを利用するポイントと、提携しているデパートでの買い物のポイントでWでポイントがたまりますので、とってもポイントがたまりやすいのがメリットです。またANA、JALのマイルをためている人はエアラインと提携しているクレジットカードをPASMOオートチャージ用クレジットカードにすれば、マイルもたまってPASMOポイントもたまるのでとってもお得です。

定期PASMO

|


定期PASMOも可能です。定期券を購入したい人ですでにPASMOを持っている場合には手続きの際に持っているPASMOと通学証明書、そして小児用を希望する場合は健康保険証などの公的証明書を用意して定期券売り場へ行きます。PASMO定期券購入申込書に名前、性別、生年月日や電話番号、乗車区間、利用期間を記入してください。記入がすんだ申込書は係員に渡します。通学定期券を購入する際は通学証明書も渡します。後は係員からPASMO定期券が渡されますので、受け取ればOKです。

PASMOを1枚持っているならPASMO定期券の利用の際に新規で購入する必要はないです。PASMO定期券は券面を書き直せば繰り返し使えるので、期限切れでも手持ちのPASMO定期券を書き直して使えばいいのです。

定期券の継続の場合は、持っているPASMO定期券をもって窓口へ行きます。再度継続の区間と利用期間を申し出れば手続きは完了です。連絡定期券を継続する場合には定期券を購入した事業者しか取り扱いがないこともありますので気をつけましょう。通学定期券なら通学証明書が必要となります。これまで磁気定期券を使っていた人は移すことができます。持っている磁気定期券とPASMOを持って窓口に行けば移してもらえます。今使っている使用途中の磁気定期券でもPASMOに移すことができますので、その場合も窓口へ持ってきましょう。

PASMO Suica

|


PASMO Suicaは別々にもってなくてもこれ1枚で便利にあちこちの電車に乗ることができます。PASMOでJE東日本、東京ものレース、りんかい線に乗ることができますし、Suicaで私鉄や地下鉄、バスに乗ったりすることができますが、どちらか1枚持っていれば、快適に交通機関を利用することができます。そして全国でも利用することができるようになりました。PASMO Suica、どちらでも、私鉄、地下鉄、JA東日本などを利用することができます。どちらもタッチするだけでいいのでとてもスムーズに電車に乗ることができますし、私鉄、地下鉄、JR東日本の駅の中にあるお店や駅中のお店、自動販売機では電子マネーとして買い物をすることもできます。

そして入金をすれば1枚のカードを何度も繰り返して使えて、定期券の期限が切れても同じカードで再度定期券の購入もできます。PASMO Suicaどちらでも私鉄、地下鉄、JR東日本の駅でチャージ可能です。バスの中でもチャージできますし、一部の店舗でもチャージできます。紛失再発行もとてもスムーズです。PASMO Suicaをなくした場合には近くの私鉄、JR東日本の駅、バス営業所の係員に言えば紛失再発行をすぐにしてもらうことができます。どちらか1枚持っているだけで全国で便利に電車に乗ることができるのでいいですね。

PASMO 購入

|


PASMO 購入は私鉄、地下鉄の駅、バス営業所などで購入可能です。購入する際は無記名のものを選ぶのか、それとも記名してあるものを選ぶのか聞かれます。記名のものを選んだ場合には個人情報を登録しなければいけないので、個人情報登録のための手続きが必要です。駅の券売機などで購入する場合には1000円単位で希望する金額が選べて、その購入金額の中には500円のデポジットも含まれています。PASMOは購入後、入金をすれば何度でも使用可能です。複数購入しないように注意しなければいけません。そして1枚あたりにデポジットが500円かかることも覚えておきましょう。万が一紛失された場合には駅やバス営業所で発行することができるのですが、このときは無記名のものは無理なので注意しましょう。

定期券を持っている場合には持っているPASMOをPASMO定期券に変更した上で1枚のPASMOで利用することも可能です。クレジットカードやパスネットでの購入はできません。大人用はこのとおりですが子供用は、申込書に生年月日や名前、電話番号などを記入しなければいけません。そして公的証明書を手辞して本人確認をした上で小児用PASMOの受け取りをすることになります。此方も定期券を利用している場合は1枚で定期券と合算して使うことができます。

シティエリート

|

シティ エリートも若年層ゴールドカードとして人気です。

最近カード会社各社がゴールドカードに力を入れてきています。これは、年会費無料カードでのビジネスが少しずつ厳しくなってきているのも影響しているでしょう。

年会費無料カードの場合、どこかで採算を取る必要が出てきます。

本業が別にあると楽ですがそうでない場合には付帯サービスなどを付けて年会費を取る方が賢いかもしれません。

そういった点でシティエリートが注目を集めています。

シティエリートの年会費はそれほど高くないため手を出しやすい部分もあるためでしょう。

バス利用の場合のサービス

|


東京メトロが発行しているToMeCARDです。(※小田急線に乗っている方には、同じく年会費永年無料小田急ポイントカードもオススメです!

PASMOは、首都圏のバスの利用でも使うことができます。しかし、バスカードには「5000円で5850円分使える」といううれしいサービスがありました。こちらは、PASMOの導入と供に無くなってしまうのでしょうか?

便利になっても、お金が高くなったら利用したくないですよね。パスカードを買いだめしておいた方がいいのかなと思った人もいるかもしれません。しかし、その心配はありません。バス利用者には、特別のサービスがあります。

それが、バス利用特典サービスです。サービスの一つ目は、チャージ分からのご利用額10円ごとに10バスポイントがカード内に記録されることです。そして、二つ目は、1,000バスポイントごとに、カード内に「特典バスチケット」がつくことです。さらに、三つ目として、「特典バスチケット」は、次回「PASMO」「Suica」でバスをご利用の際に、自動的に運賃として使用されるようになります。


また、「バス?バス乗り継ぎ割引」もあります。こちらは、90分以内に都バスから都バスへ乗り継ぐと2乗車目の運賃が自動的に割り引きになるサービスです。バスを利用していた人にとっては、PASMOの利用は損なのではと思いがちですが、その心配はないのです。バス利用者も、PASMOを利用してください。

PASMO使用の注意点

|


関東地方を中心とする電車やバスを利用する人にオススメのICカード式の共通乗車カードがあります。

その名も、PASMO(パスモ)と言います。2009年3月現在で、バス事業者75社、鉄道26事業者において、PASMOを利用することができます。一部には対応していないところもあるようですが、順次対応していく予定になっています。

各種の電車やバスに利用できる上に買い物の際にも利用できる便利なカードです。とはいえ、PASMOを使用する際に注意することがあります。カードをかざしただけであったり、貴金属や銀紙と一緒にタッチした場合には、正しく読み取れないケースがあります。

カードは、読み取り部にしっかりとタッチすることが大切です。

また、カードにシールなどを貼ると精算機に入れた際に詰まってしまい、最悪カードが破損することがあります。また、2枚以上の定期券を必要とする場合には、ICカードを使うことができませんので、磁気定期券を利用してください。

2枚以上のICカードを同時使用することはできません。もちろん、1枚のカードを複数の人で利用してはいけません。これらのことに注意して、PASMOを上手に利用して欲しいと思います。

PASMOは何が便利なの?

|


首都圏のバス会社や鉄道会社が結集して提供しているサービスがPASMOです。PASMOを利用することで、どのように生活が便利になるのでしょうか。

PASMOのメインの使用法は、やはり鉄道やバスに乗車した時の料金精算です。改札機の読み取り部分にICカードを接触させるだけで改札を抜けることができ、PASMOに電子マネーとしてチャージしておけば、乗り越しをした場合でも改札を出る時に自動的に乗り越し金額が精算されます。

また、PASMOには、電子マネーを使って買い物をする機能もあります。そのため、乗り越しの精算やコンビニなどでの支払いなど小銭を用意するのがわずらわしさから、開放されます。PASMOを電子マネーとして利用する場合には、事前に現金を入金する必要がありますが、オートチャージサービスの契約をすれば、自動的に入金されます。

PASMOは、駅の発券機やバスの営業所で、直近の20件の利用履歴を表示したり印字したりできます。登録すれば、インターネットでも履歴を確認できます。これらの履歴確認をこまめに利用すれば、いつどこで利用したのかがわかり、つい使い過ぎてしまうことを防ぐことができます。

また、期限が来ればゴミになってしまう定期券と異なり、PASMOは繰り返し使うことができます。PASMOは地球に優しいカードでもあるのです。

なお、ETCカードが付帯できるものもありますので、ETCも欲しい場合には同時申込みを行っておくとよいでしょう。

PASMOのオートチャージ

|


「首都圏を一枚で」のキャッチフレーズ登場したのが、PASMOのサービスです。PASMOなら、首都圏のほとんどの電車(公営交通・私鉄)とバスを利用することができます。

新しい交通用ICカードで、改札にタッチするだけで、私鉄や地下鉄、バスはもちろんJR東日本でも乗り降りが可能になります。また、加盟店舗では電子マネーとしても利用することができ、エキナカの売店や百貨店、スーパーで買い物することができます。

PASMOは、最大2万円までチャージして使え、残金がなくなったら何度でもチャージが可能です。そして、PASMOの最大の特徴は、オートチャージが可能であることです。

オートチャージとは何のことかというと、残金が一定額を下回った時に、自動的にお金が加算されるシステムです。PASMOの場合は、2000円を下回った時に改札機をタッチすると、3000円がチャージされます。

これなら、チャージ金が足りなくてカードが使えないという心配がありません。改札の前で立ち往生する時、結構恥ずかしいですよね。PASMOのオートチャージを利用するためには、記名式のPASMOであり、指定されたクレジットカードが必要です。便利なので、是非利用してください。