PASMOは何が便利なの?

|


首都圏のバス会社や鉄道会社が結集して提供しているサービスがPASMOです。PASMOを利用することで、どのように生活が便利になるのでしょうか。

PASMOのメインの使用法は、やはり鉄道やバスに乗車した時の料金精算です。改札機の読み取り部分にICカードを接触させるだけで改札を抜けることができ、PASMOに電子マネーとしてチャージしておけば、乗り越しをした場合でも改札を出る時に自動的に乗り越し金額が精算されます。

また、PASMOには、電子マネーを使って買い物をする機能もあります。そのため、乗り越しの精算やコンビニなどでの支払いなど小銭を用意するのがわずらわしさから、開放されます。PASMOを電子マネーとして利用する場合には、事前に現金を入金する必要がありますが、オートチャージサービスの契約をすれば、自動的に入金されます。

PASMOは、駅の発券機やバスの営業所で、直近の20件の利用履歴を表示したり印字したりできます。登録すれば、インターネットでも履歴を確認できます。これらの履歴確認をこまめに利用すれば、いつどこで利用したのかがわかり、つい使い過ぎてしまうことを防ぐことができます。

また、期限が来ればゴミになってしまう定期券と異なり、PASMOは繰り返し使うことができます。PASMOは地球に優しいカードでもあるのです。

なお、ETCカードが付帯できるものもありますので、ETCも欲しい場合には同時申込みを行っておくとよいでしょう。

このブログ記事について

このページは、adamが2009年6月16日 16:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PASMOのオートチャージ」です。

次のブログ記事は「PASMO使用の注意点」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。