PASMO使用の注意点

|


関東地方を中心とする電車やバスを利用する人にオススメのICカード式の共通乗車カードがあります。

その名も、PASMO(パスモ)と言います。2009年3月現在で、バス事業者75社、鉄道26事業者において、PASMOを利用することができます。一部には対応していないところもあるようですが、順次対応していく予定になっています。

各種の電車やバスに利用できる上に買い物の際にも利用できる便利なカードです。とはいえ、PASMOを使用する際に注意することがあります。カードをかざしただけであったり、貴金属や銀紙と一緒にタッチした場合には、正しく読み取れないケースがあります。

カードは、読み取り部にしっかりとタッチすることが大切です。

また、カードにシールなどを貼ると精算機に入れた際に詰まってしまい、最悪カードが破損することがあります。また、2枚以上の定期券を必要とする場合には、ICカードを使うことができませんので、磁気定期券を利用してください。

2枚以上のICカードを同時使用することはできません。もちろん、1枚のカードを複数の人で利用してはいけません。これらのことに注意して、PASMOを上手に利用して欲しいと思います。

このブログ記事について

このページは、adamが2009年6月16日 16:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PASMOは何が便利なの?」です。

次のブログ記事は「バス利用の場合のサービス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。